新型インフルエンザウイルス(H5、H7)への危機管理体制について

新型インフルエンザウイルス(H5、H7)への危機管理体制について

新型インフルエンザウイルス(H5、H7)

高病原性インフルエンザが流行した場合、WHOを中心に、国家、地方自治体、学校、医療機関、家庭等、それぞれの立場から危機管理対策を講じなければなりません。

我が国ではワクチン開発研究、医療従事者向けの抗ウイルス剤の備蓄を行っています。

まだヒトには馴化してはいないが、新型インフルエンザウイルス(H5、H7)の出現を考慮の上、冬に向けて、人類は危機管理体制をより一層強化することが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る