スペイン風邪(H1N1)について

スペイン風邪(H1N1)について

1918年 第1次世界大戦中 2,000~4,000万人が死亡

第1次世界大戦中の1918年に流行したスペイン風邪(H1N1)では2,000~4,000万人(4,500万~1億人の説もあり)が死亡したと言われています。

日本では当時の人口、5,600万人の内40%が罹患し、39万人が死亡したそうです。

このウイルス(H1N1)は下気道(肺)で増殖するタイプで、多くの若年者が犠牲となりました。

強烈な炎症反応(サイトカインストーム)が起こり、溶出液で肺がつまり窒息死します。朝出勤して夕方には死亡する程の凄まじい急性感染症でした。

ちなみに、インフルエンザウイルが分離されたのは1933年です。

近年では遺伝子組換え技術により、1918年当時の感染性ウイルスの回収に成功しましたが、サルへの感染実験では肺での病状を再現し、感染初期に誘導される多種類のウイルスの増殖を抑制するインターフェロンが産生されないことが報告されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る