【薬剤耐性菌】「ウンチ移植」で薬剤耐性菌に感染 1人死亡 1人が重症 米国 /アメリカ

米食品医薬品局(FDA)は今月13日、「便移植療法(FMT)」を受けた2人の患者が深刻な薬剤耐性菌感染症を発症し、1人が死亡したと明らかにした。

便移植療法は、厳密に言うとウンチを移植するわけではなく、健康な人の便に含まれている腸内細菌を腸の病気の患者に投与する治療法だ。対象となるのは、健康なひとにはほとんどいない「クロストリジウム・ディフィシル」という細菌が増殖する病気や、難病のクローン病、潰瘍性大腸炎などの患者で、近年、欧米を中心に研究が進んでいる。

日本でも国内の大学病院など複数の施設で臨床研究が行われた経緯はあるが、保険適用もされていないし、海外に比べれば遅れている状態だ。

米国では2013年7月、FDAが「クロストリジウム・ディフィシル感染症」に関して便移植療法を選択する場合のガイダンスを発表している。しかし今月13日、同じドナーから糞便の提供を受けた2人の患者が、さまざまな抗生物質が効きにくくなる薬剤耐性菌に感染して1人が死亡、1人が重症であることが判明した。

発表によるとドナーの便は、移植前に薬剤耐性菌の有無を調べる検査を実施しておらず、FDAは「便移植療法には潜在的なリスクがある」として、便の使用前にドナーの便のスクリーニング検査の重要性を強調した。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/9/29780.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る