ウイルス感染の持続について

ウイルス感染の持続について

1)感染してから体内に存在する時間に違いがある

ウイルスの感染には、感染後宿主の免疫などによって体内から短期間で排除される一過性の感染(多くのウイルス感染はこの状態)と、体内から排除されず感染が長期間続く感染(持続感染)があります。

2)代表的な3つの例

持続感染には、潜伏感染・慢性感染・遅発性感染などがあります。

1:潜伏感染

ウイルスは体内に存在するが、生体免疫機構によって症状が発生しない状態です。この状態では薬剤は無効です。宿主の免疫低下などによって再活性化することを回帰発症と言います。初感染した部位の近傍に病巣を発症します。

2:慢性感染

体内で長期間ウイルスが産生され続けます。

3:遅発性感染

感染後発症まで長い年月を経る感染で、最終的に死に至ることが多いです。

出典:一般社団法人医療福祉検定協会 「医療環境管理士公式テキスト&問題集」より一部抜粋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る