2022/01/18【新型コロナウイルス:COVID-19】新型コロナのスーパースプレッダーとなる可能性が高い人の特徴、医科歯科大が発見

東京医科歯科大学(医科歯科大)は1月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査で多くのウイルスコピー数を有し、周囲への感染を拡大する患者「スーパースプレッダー」の決定要因について明らかにしたと発表した。
同成果は、医科歯科大大学院 医歯学総合研究科 国際健康推進医学分野の藤原武男教授を中心に、医科歯科大 救急救命センター、医科歯科大 臨床検査医学分野の研究者らも参加した研究チームによるもの。詳細は、臨床・微生物学・疫学など感染に関連する全般を扱う学術誌「Journal of Infection」に掲載された。
多くのウイルスコピー数を有するスーパースプレッダーは高い感染力と死亡率を持ち、新型コロナだけでなく、SARS(2003年流行)やMERS(2012年流行)など、過去に流行したコロナウイルス類でも確認されており、スーパースプレッダーを早期に同定することは、治療および周囲への二次感染の拡大防止の観点から重要とされてきた。しかし、これまでスーパースプレッダーの決定要因については良く分かっていなかったという。
そこで研究チームは今回、2020年3月から2021年6月までに、中等症から重症の新型コロナで医科歯科大病院に入院し、少なくとも1回以上のRT-PCR検査が行われた患者379名を対象とし、スーパースプレッダーを特定する要因について検討を実施することにしたという。
入院患者の電子カルテ情報を基に、高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・関節リウマチ・がん・慢性腎不全・脳梗塞・心疾患・呼吸器疾患・アレルギーといった既往歴についての調査が行われ、さらに年齢や性別、喫煙歴で調整された上で分析が実施された。
その結果、上述した既往を3つ以上重複して有する患者では、既往のない患者と比較して、ウイルスコピー数が87.1倍(95%信頼区間 5.5, 1380.1)高くなることが判明したという。
主な既往別の倍率は以下の通り。
関節リウマチ患者:1659.6倍(95%信頼区間 1.4, 2041737.9)
脳梗塞患者:234.4倍(95%信頼区間 2.2, 25704.0)
糖尿病患者:17.8倍(95%信頼区間 1.4, 223.9)
入院時の血液検査結果の解析では、入院時に血小板とCRP(体内で炎症や組織障害が起こると増加するタンパク質)が低い患者は、高いウイルスコピー数を有することが明らかになったとするほか、複数回RT-PCR検査を行った患者を分析した結果、90%以上の患者が初回または2回目の検査で最大のウイルスコピー数に達していることが判明したという。
なお、研究チームでは、新型コロナ再流行の兆しが見える中、既往歴や入院時の血液検査の情報から入院患者がスーパースプレッダーか否かを判定できるようになることは、臨床医は個室で患者を隔離し院内感染を防ぐための注意喚起を行うなどの感染管理措置が取りやすくなるとする。また、スーパースプレッダーである可能性の高い患者に対して、特に感染の初期における注意深い感染管理措置の必要性が示されたともしており、それにより院内における二次感染の拡大予防などにつながることが期待されるとしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る