2022/01/17【新型コロナウイルス:COVID-19】妊婦感染で早産や死産などのリスク増、英大など「3回目接種を推奨する」 /イギリス

妊婦が新型コロナウイルスに感染すると早産や死産、新生児の死亡の割合が高まるとする研究結果を、英エディンバラ大などの研究チームが発表した。ワクチン接種の重要性も示した。論文は海外の医学専門誌に掲載された。
研究チームは2020年12月~21年10月、英スコットランドの妊婦8万7694人のデータを分析した。その結果、新型コロナ感染の診断から28日以内に出産すると早産が16%で、通常の割合の2倍に上った。死産と合わせた新生児の死亡率は2%で4倍だった。
ワクチンが未接種だった妊婦は、新型コロナに感染した妊婦の77%、入院した妊婦の90%、集中治療室に入るなど容体が重い妊婦の98%を占めた。チームはオミクロン株など新変異株への対応も含め「3回目接種を推奨する」としている。
相沢志保子・日本大准教授(生殖免疫学)の話「ワクチンは発症予防や重症化予防に有効で、妊婦自身や赤ちゃんの健康を守るために大切だ。3回目接種が先行する国のデータをさらに検討する必要がある」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る