2021/05/09【新型コロナウイルス:COVID-19】石川、63人感染、1人死亡、会食クラスター発生 /石川県

石川県は9日、新型コロナウイルスに63人が感染し、治療中の1人の死亡を確認したと発表した。新たなクラスター(感染者集団)も認定した。1日の感染者としては前日の80人に次いで2番目に多い。死者の公表は7日連続で、5月で14人、4月28日以降で16人となった。
1週間の感染者、最多306人、ステージ4に
直近1週間の新規感染者数は過去最多の306人となり、モニタリング指標で最も深刻なステージ4相当ラインの285人を初めて上回った。直近1週間の感染経路不明者92人も最多、重症者用病床使用率40%も最高となるなど、指標は軒並み悪化した。
亡くなったのは、県内の病院で治療を受けていた1人。遺族の同意が得られずに年代や性別、居住地は非公表。
新たに感染したのは金沢、白山、小松、加賀、能美、野々市、七尾、かほく、羽咋、津幡、内灘、志賀、宝達志水、中能登の14市町の10歳未満~90歳以上。
居住地別では金沢20人、加賀9人、七尾、内灘各6人、小松5人、白山、かほく各3人、野々市、羽咋、志賀、宝達志水各2人、能美、津幡、中能登各1人。
新規感染者のうち、金沢市の50代~80代の男女5人は、既に感染が確認されている1人と合わせ、県内の施設でたびたび会食していた。入浴や休憩、食事ができる施設という。県は会食8例目のクラスターと認定した。クラスターの発生は5月に入り7件目、県内55例目。
既に判明しているクラスター関連では、能登地区のスポーツジム関係で新たに8人の陽性を確認し、感染者は28人となった。スポーツ施設関係で新たに4人が感染し、計24人に。バーベキュー会食関係、飲食店13例目、小松市民病院で各1人が陽性となり、感染者はそれぞれ、7人、8人、44人となった。
このほか、既に公表している感染者の濃厚接触者または接触者で27人、残る16人の感染経路が分かっていない。
北野喜樹県健康福祉部長は、新規感染者がこの3日間で190人に上っているとし「感染者が非常に急拡大しており、大変心配している」と述べ、県民に基本的な感染対策の徹底を求めた。
県内で治療中の患者は506人(前日比37人増)で、うち重症者は14人(同2人増)となっている。
県内では9日午前10時までに新型コロナウイルスの検査656件が行われ、63人が陽性だった。県内の死者は計85人、感染者累計は2866人となった。
https://www.hokkoku.co.jp/articles/406213

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る