2021/04/01【新型コロナウイルス:COVID-19】ロシア、世界初の動物用新型コロナワクチンを承認 犬猫などで効果 /ロシア

ロシア農業省の連邦動植物検疫監督局は31日、世界初となる動物用の新型コロナウイルスワクチンを承認したと発表した。
昨年10月から犬や猫、キツネや北極ギツネ、ミンクなどで臨床試験を実施。抗体が形成され、少なくとも半年間、免疫反応が続いたという。ぜい弱な動物種を守り、新型コロナウイルスの変異も防ぐ上で有効だとしている。
ワクチン名は「カルニバック・コーブ」で、4月にも量産を始められる。ロシアの毛皮動物飼育業者が購入を計画しているほか、ギリシャやポーランド、オーストリアの業者からも引き合いがあるという。動物へのワクチンの効果は今後も研究を続けるとした。
世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスが人と動物の間で感染し合うことに懸念を表明している。デンマークでは昨年、同ウイルスが人からミンクへ感染し、変異したウイルスがその後に人々の間で確認されたとして、1700万匹を全頭殺処分した。
ロシアではこれまでに確認された動物への感染は猫2匹。
https://jp.reuters.com/…/health-coronavirus-russia…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る