衛生管理方法・対策のありがちな罠(9) ごみ袋の運び方を意識していますか?

衛生管理方法・対策のありがちな罠(9)
ごみ袋の運び方を意識していますか?

こんにちは、感染症対策コンサルタントの向田です。

本日は、よくある衛生管理のありがちな罠の続編について対策や方法などを解説します。

本日はごみ袋の運び方についてです。

皆さんは、ごみ袋の運び方を意識していますか?
嘔吐物処理訓練を行った際に、この質問をおこないます。

皆さんはどうですか?意識をしたことはありますか?

前回までのブログ記事に、ユニフォームが汚染されてしまうリスクについて触れてきましたね。今回も同様です。

いかに運ぶ際にユニフォームを汚染しないようにするか?が意識するポイントです。合わせて運ぶルートや運ぶ際に壁や床を汚染しないようにすることも意識をするポイントです。

ポイント

  1. ユニフォームの汚染
  2. 運ぶルート
  3. 壁や床の汚染

を意識して運びます。

ごみ袋の内側は当然汚染されていますが、外側も汚染されている場合があります。ですので、運ぶ際には縛り口をつかみ手を体から離して、ユニフォームのズボンがごみ袋に擦れないよう注意しましょう。また、ごみ袋が重たく難しい場合は新たな袋で覆うか、台車なども検討すべきですね。

運ぶルートですが、食堂や喫食スペースなど汚染物を運ぶにふさわしくない場所は避けるべきです。構造上、どうしても厨房や喫食スペースを通り抜ける場合は、注意して運んでください。

気になった方は感染症.comまでお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る