衛生管理方法・対策のありがちな罠(17) 使い捨て用品の活用

衛生管理方法・対策のありがちな罠(17)
使い捨て用品の活用

こんにちは、感染症対策コンサルタントの向田です。

本日は、よくある衛生管理のありがちな罠の続編について対策や方法などを解説します。

本日は、使い捨て用品の活用についてです。

衛生用品の最も衛生的な使い方は使い捨てです。

医療機関や社会福祉施設にお勤めの方々では常識となっておりますが、トイレや洗面所における共用タオルは禁止され、ペーパータオルもしくはエアータオルとなっておりますね。

しかしながら、なんでもかんでも使い捨てにしてしまうのは、お金も掛かるしゴミが増えますよね。

ですので、何を使い捨てとし、何を再利用すべきか判断してルールを作らなければなりません。

当然ですが、便の後にお尻を拭くトイレットペーパーは使い捨てですよね?決してバカにしているわけではありません。ここが原点なのです。

血液、体液、便、嘔吐物など感染性のあるものを処理する際や共用するものは注意が必要なのです。

このことはスタンダードプリコーションと呼ばれおり、医療機関や社会福祉施設での感染対策の原則となっております。

逆に、感染性の低いものや日常清掃においては布巾や雑巾、モップなどを再利用して使い続けていくことは可能です。

ただし、適切に洗浄・消毒・乾燥の処理が可能かどうかを検討しなければなりません。

以前にも書きましたが、用具の管理ができなければ意味がないだけでなく、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

使い捨てによるコストと再利用によるコストとそれに必要な業務コスト踏まえて考える必要がありますね。

ポイント

  1. 使い捨てが最も衛生的である
  2. 感染性のあるものは使い捨て用品で対応しなければならない
  3. 再利用する場合はコスト計算に業務コストも追加して計算するべき

気になった方は感染症.comまでお問い合わせください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る