【食中毒:黄色ブドウ球菌】病院内の食堂で64人食中毒 帯広 /北海道

【食中毒:黄色ブドウ球菌】病院内の食堂で64人食中毒 帯広 /北海道

帯広保健所は4日、帯広市内の病院内で営業する食堂「レストランアリオス」で食事をした客64人が腹痛などの食中毒症状を訴え、8人の便から黄色ブドウ球菌を検出したと発表した。同保健所はこの食堂を4日から、計4日間、営業停止処分とした。

保健所によると8月30日に食事をした232人のうち、22~70歳の64人が嘔吐(おうと)や腹痛の症状を訴えた。5人が入院したが、全員がすでに退院。患者はいずれも快方に向かっている。保健所は8月30日に出したスナップエンドウとニンジンのごまあえが原因とみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る