【腸チフス】腸チフスの66歳男性死亡 南アジアから帰国後 福岡県発表 /福岡県

福岡県は8日、同県福津市の男性(66)が腸チフスを発症し、死亡したと発表した。県内で腸チフス患者の死亡は少なくとも2009年以降、例がない。

県によると男性は1月15日ごろ、南アジアから帰国。2月5日に救急搬送され、下痢、意識障害などの症状があり、翌6日に死亡した。男性は南アジアで感染した可能性があるという。現在、ほかの感染者は確認されていない。

県によると、チフス菌に汚染された食品などを摂取し感染する。全国で毎年30~50人程度の感染が報告されるが、治療で回復する人が多いという。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/485619/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る