2017/06/21【結核】東広島市の病院で結核の集団感染 /広島

【結核】東広島市の病院で結核の集団感染 /広島

広島県は20日、東広島市の本永病院で、病院職員と入院患者計12人が結核に感染し、うち職員3人が発病したと発表した。重症者はいないという。

県と同病院によると、30代の女性看護師が5日、3月以降せきが止まらないため精密検査をしたところ、結核と診断された。同病院がこの看護師と同じ病棟にいる職員と入院患者らを検査したところ、職員8人と患者4人が結核に感染し、うち職員3人が発病していた。同病院は3月以降の元入院患者にも検査を呼びかけるという。同病院の高梨敦院長は会見で「発病、感染した職員と入院患者さまとご家族に多大な心配をおかけした」と謝罪した。

http://www.asahi.com/articles/ASK6P336FK6PUBQU003.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る