【新型コロナウイルス:COVID-19】歯科の受診は本当に新型コロナ感染リスク高い? 感染症専門医が回答

緊急事態宣言が解除された後も「新しい生活様式」の実践、「3つの密」の回避を中心とした行動変容が求められています。「新しい生活様式」の感染防止の3つの基本には、(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いが掲げられていますが、歯科診療では歯科医師との距離は確保できませんし、マスクの着用もできないことから不安に感じている方は少なくないと思います。実際のところ歯科診療は危険なのか、それとも安全なのか。感染症専門医の堀野先生にお伺いしました。
【この記事の監修医師】
堀野 哲也(東京慈恵会医科大学附属病院感染症科 診療医長、日本感染症学会感染症専門医)
実際のところ、感染リスクは高いのか低いのか
編集部:
報道などで言われているように、歯科の受診は本当に感染リスクが高いのでしょうか?
堀野先生:
歯科医師はもともと血液や体液に曝露されることが多いので、常にマスクや手袋を着用して感染対策をしております。つまり、新型コロナウイルスの主な感染経路である飛沫感染と接触感染に対しては、すでに感染対策を実施しており、さらに今回の新型コロナウイルス感染症に対してゴーグルやフェイスガードも着用しています。また、歯科医師自身が健康管理を徹底し、マスクと手袋を着用して診療していることを考慮すれば、飛沫感染や接触感染によって治療中に歯科医師から患者に感染するリスクは高いわけではないと考えられます。
編集部:
しかし、歯科医院でのクラスター発生などのニュースもありましたので心配です。
堀野先生:
歯科医院でのクラスター発生が報道されましたが、当該歯科医院のスタッフが外部から感染を院内に持ち込みスタッフ間で感染の伝搬が発生した事例とのことです。調べた限りでは歯科医師や歯科医療を介した患者への感染の報告は見当たりませんでした。また、アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)では、歯科医療におけるクラスター発生の報告はないとされており、治療を受ける側はあまり心配しすぎなくても良いように思います。
編集部:
歯科治療で発生する唾液などの飛沫やエアロゾルによる感染が危険視されていますが。
堀野先生:
新型コロナウイルス感染症の感染経路で気になるのはエアロゾルを介した感染です。いくつかの歯科治療ではエアロゾルが発生することがわかっており、小さなエアロゾルを発生すると数時間は空気中を漂います。症状のない方からでも感染が広がることを考慮すると、エアロゾルが発生する処置が必要なすべての方の歯科診療でエアロゾル対策が必要となります。そのため、多くの施設ではエアロゾルに対する感染対策として、吸引力の強いバキュームや口腔外バキューム、ラバーダムなどの使用、換気を頻回に行うなどさまざまな対策が取られています。
編集部:
患者同士の感染リスクはどうでしょうか?
堀野先生:
患者から患者への感染を防ぐために、オープンスペースの歯科では患者同士の距離を2m以上離して診療することや、待合室での感染を防ぐための予約制、環境からの感染を防ぐためにおもちゃや雑誌の撤去、トイレやドアノブなどの高頻度接触箇所の定期的な清掃などが多くの施設で行われているものと思います。
編集部:
感染疑いのある人は受診しないということも重要ですよね?
堀野先生:
歯科医師や歯科医療従事者に感染させないことも大切ですから、発熱のある方や新型コロナウイルス感染症の方と濃厚接触のある方は受診を控えるか、まずは歯科に連絡して対応を確認する必要があります。発熱などがない方であっても、歯科受診する際には、ホームページや電話で受診可能かどうかを確認していただいた方が良いと思います。
必要以上に恐れ、「口腔ケア」を受けないことによるリスクも
編集部:
一方で、過剰に感染を恐れ歯科診療がおろそかになると、どのようなリスクがありますか?
堀野先生:
健康を保つためにも歯科診療は必要ですし、高齢者では虫歯や不衛生な口腔環境は肺炎のリスク増大に関与することが報告されています。日本歯科医学会連合や日本歯科医師会などが提示した感染対策や、現在、歯科医療機関で実施されている新型コロナウイルス感染症に対するさまざまな感染対策を考慮すると、むやみに受診を控えずに必要な歯科診療を受ける方がメリットは大きいと思います。
編集部:
「治療」はしたほうがよいことはわかりますが、定期的な「歯科検診」、歯科衛生士にやってもらうような「歯石除去」なども受けたほうがよいでしょうか?
堀野先生:
歯石を除去する際に使用する器具はエアロゾルを発生させるリスクがあることがわかっており、新型コロナウイルス感染症流行の当初はこれらを使用する処置は回避することを検討するよう通達されていました。現在はこれらの処置の危険性を考慮した感染対策が提示され、多くの医療施設が実施していることと思います。また、歯石除去も歯科検診も治療と同じように、歯科医師や歯科衛生士から患者が感染するリスクは高くないと思いますので、受けても良いと思います。
編集部:
まとめると、どのような条件の歯科医院であれば、より安全に歯科治療を受けられると言えるでしょうか?
堀野先生:
施設全体で感染対策を実施していることが重要です。待合室の密閉を避けるために換気を行い、予約制などにより密集・密接を避けていること、汚染された環境からの感染を防ぐために定期的に清掃・消毒し、遊具や雑誌が撤去されていること、スタッフ自身が健康管理を徹底していること、スタッフの感染を防ぐためにすべてのスタッフが手指消毒、マスクの着用を遵守し、必要に応じてフェイスシールドを着用することなどが実施されていれば、より安心して歯科治療を受けることができると思います。また、受診する際に患者の体温、健康状況を確認し、発熱や呼吸器症状、味覚・嗅覚障害などの新型コロナウイルス感染症が否定できない場合は、可能であれば診療を延期するなどして、スタッフを感染から守る施設は、患者も感染から守っていると思います。
https://news.yahoo.co.jp/…/01de8e6586ff5440e1909b2bd18e…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る