【寄生虫】プールにナゾの寄生虫 米で下痢など増加で注意呼びかけ /アメリカ

【寄生虫】プールにナゾの寄生虫 米で下痢など増加で注意呼びかけ /アメリカ

米国の疾病対策センター(CDC)が、水に親しむ季節の本格化を前に、プールや親水施設などでの寄生虫による感染症に注意を呼びかけている。

この寄生虫はヒトの体内に入ると下痢などを引き起すが、発症した人が治りきらないうちにプールなどに入り集団発生の原因になっているらしい。CDCによると2016年の発生件数が2年前の2倍に拡大した。

クリプトスポリジウム 日本でも過去に集団感染

CDCが17年5月18日に出した、週間の感染症情報によると、この寄生虫はクリプトスポリジウム。日本の国立感染症研究所(NIID)のウェブサイトによると、わが国でも1990年代に神奈川県と埼玉県で集団感染が発生している。

CDCは16年、クリプトスポリジウムによるプールや親水施設での集団感染の報告を32件受けた。被害人数は不明だが、14年は16件で、発生件数は2年で2倍になっている。米国ではクリプトスポリジウム症について州に患者数などの報告義務がなく全体の詳しい数は分かっていない。

NIIDのウェブサイトによると、クリプトスポリジウムはウシ、ブタ、イヌ、ネコ、ネズミなどの腸管寄生原虫として知られており、1976年にヒトでの感染が初めて報告された。80年代に入り後天性免疫不全症候群(AIDS)での致死性下痢症の病原体として注目され、その後、健常者では水様下痢症の原因となることが明らかになった。

クリプトスポリジウムに感染すると、下痢のほか、吐き気やおう吐、胃けいれん、脱水などの症状が2~3週間続くという。

NIIDはクリプトスポリジウム症について「散発例よりも、むしろ水道水や食品を介した集団発生が重要」としており、プールなどでの集団発生は想定外といえそうだ。1996年に埼玉県で8800人が被害を受けた集団感染では町営水道が汚染源だった。

https://www.j-cast.com/healthcare/2017/05/24298608.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る