【デング熱、チクングニア熱】デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡 /ブラジル

【デング熱、チクングニア熱】デング熱による死者62人=チクングニア熱でも8人死亡 /ブラジル

保健省が6日、17年12月31日~18年6月9日に感染が確認されたデング熱患者は1659人、死者は62人と発表した。感染者中、136人は重症、1523人も要警戒とされたと同日付現地紙サイトが報じた。

デング熱の疑似症患者(ある伝染病と疑われる症状が出た患者)の地域別発生率は、中西部37・5%、南東部30・6%、北東部23・7%、北部6・7%、南部1・4%だ。疑似症患者発生数上位4市は、サンシモン市の7067件(10万人あたり1人)、セナドール・カネード市の3348件(同2人)など、ゴイアス州に集中している。

一方、チクングニア熱は3万251人の感染が確認され、8人の死者が出た。疑似症患者発生率は、南東部50・9%、中西部26・8%、北東部13・6%、北部8・3%、南部0・5%となっている。疑似症患者発生数が多いのは、リオ州イタオカレ市の2736人やミナス州コロネル・ファブリシアノ市の5781人だが、擬似症患者の発生率はマット・グロッソ州クイアバ市の538人、10万人あたり7人が最高だ。

ジカ熱は1674人の感染が確認された。成人の死者は報告されていないが、感染が疑われる死者は53人いるという。疑似症患者の発生率は、南東部32・6%、北東部26%、中西部25・2%、北部15・5%、南部0・7%で、疑似症患者が多い市は、バイア州ペー・デ・セーラ市の1553人(10万人あたり5人)やゴイアス州トゥリンダーデ市の111人(10万人あたり3人)だ。クイアバ市はジカ熱でも疑似症患者が30人おり、発生率も10万人あたり3人と高い。

http://www.nikkeyshimbun.jp/2018/180707-25brasil.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る