【コレラ】内戦のイエメン、コレラ感染20万人 1300人死亡 /イエメン

【コレラ】内戦のイエメン、コレラ感染20万人 1300人死亡 /イエメン

内戦下の中東イエメンで、コレラの感染拡大が止まらない。国連児童基金(ユニセフ)によると、今年4月以降の感染者は20万人を超え、約1300人が死亡した。死者の4分の1にあたる約350人は子どもだ。気温が上昇する夏季に入り、死者数のさらなる増加が懸念されている。

ユニセフと世界保健機関(WHO)は6月24日に声明を発表し、イエメンのコレラ感染拡大は「世界最悪のコレラの流行」と警告。「2年に及ぶ内戦が原因」とし、「1450万人がきれいな水を手に入れることができない。(特に)栄養不良の子どもは感染しやすい」と訴えた。

イエメンでは2011年、反政府デモが広がって政情不安定になり、ハディ暫定政権が翌年発足した。だが、イランの支援を受ける反政府武装組織フーシが台頭し、15年2月に首都サヌアで暫定政府の樹立を宣言。ハディ氏を支えるサウジアラビアは同年3月、軍事介入に踏み切り、サヌアなどで空爆を続けている。国連人権高等弁務官事務所によると、この2年間に約5千人が死亡したという。

ユニセフなどによると、サウジの激しい空爆で上下水道などのインフラが破壊され、医療・保健施設は半数が使用できなくなった。市民が医薬品を入手するのも困難になったという。ユニセフ・イエメン事務所の大平健二教育専門官(44)は朝日新聞の取材に「イエメンでは、水も薬も医療施設も医師も、全て足りない。国際社会はこの惨状に目を向けてほしい」と訴えた。

http://www.asahi.com/articles/ASK6X5VPGK6XUHBI025.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る