2019/06/22【インフルエンザ】ミャンマーでH1N1型インフル流行:今年に入って6人死亡 /ミャンマー

ヤンゴンではマスクが必須

ミャンマー保健・スポーツ省(Ministry of Health and Sports)は、2019年1月1日から6月20日までに、H1N1型インフルエンザで6人が死亡したことを明らかにした。

H1N1型インフルエンザは「豚インフルエンザ」とも呼ばれ、A型インフルエンザウイルスの亜型の一つ。2009年には、新型インフルエンザ「A(H1N1)pdm09」がパンデミックを引き起こしている。

2017年にはミャンマー国内でも史上最悪の集団感染を引き起こし、何百人もの人々が感染し、推定36人が死亡した。

H1N1型インフルエンザの症状は、発熱、咳、のどの痛み、鼻水、体の痛み、頭痛、悪寒、嘔吐、下痢などで、感染後1~5日以内に症状が出る。くしゃみや咳などの空気中の飛沫または分泌物により、人から人へ広がっていく。

ヤンゴンでは感染予防として、人々がマスクを着用している。

5人がヤンゴン地域で、1人がサガイン地域で死亡

公衆衛生局の下にある中央疫学部門では、季節性インフルエンザを定期的に監視しており、2019年1月1日から5月末までの期間に検査した71人のうち10人がウイルスに感染していたという。

また、そのうち4人が「A(H1N1)pdm09」型であることが判明。しかし、死亡者はいなかった。

一方、モンスーンの季節が近づくにつれ感染率を上げ、6月19日時点で感染が疑われる48人のうち12人が「A(H1N1)pdm09」型に感染していることが確認されている。

1月1日から6月20日までに合計16人が感染し、そのうちの5人がヤンゴン地域で、1人がサガイン地域で死亡したという。

6月に入り急激に死亡者が増えていることもあり、今後の感染拡大が懸念される。

https://www.myanmar-news.asia/news_dg11PmsWsC.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る