E型肝炎ウイルス HEV


A型と同様、水・食物も介しての経口感染・水平感染によって感染します。

特徴

E型肝炎は、日本を含め先進国にはないといわれていますが、時折、流行を引き起こします。

日本においてもE型肝炎による感染者を含め、死者が発見されています。

主な症状

主に発熱、悪心、全身倦怠感、食欲不振、下痢、嘔吐など風邪のような症状がみられます。

このような症状が消え、尿が黄色っぽくなる、あるいは便が白っぽくなると回復へ向います。

ウイルスの感染は一過性であり、持続性ではないので慢性肝炎に移行することはありませんが、ときに劇症肝炎になることがあり死亡することもあります。

感染経路

A型と同様、水・食物も介しての経口感染・水平感染によって感染。

主に、ウイルスは糞便の中に排出されるので、糞便に汚染された食物や手指を介して口から入り感染します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る