2022/02/16【新型コロナウイルス:COVID-19】飲食店で酒類を 時短営業緩和も訴え 業界団体50人が岐阜県に要望 /岐阜県

新型コロナ対応のまん延防止等重点措置が3月6日まで延長されたことを受け、飲食業や宿泊業、酒類の製造・販売業、調理師ら11団体の関係者約50人が15日、岐阜県庁を訪れ、県に要望書を出した。飲食店で酒類の提供を認め、午後8時までの時短営業を午後9時までに緩和するよう求めた。
重点措置に伴い、県は1月21日から県全域の飲食店に時短営業と酒類の提供停止を要請。県によると、99・3%の店舗が時短に応じているという。
一方で、近隣の愛知、三重両県では第三者認証店で酒類を出せる。平木省副知事と面会した飲食・宿泊業の関係者は「一律の酒類禁止に異論を申し上げたい」「店は酒がメイン。多くの店が休業や廃業を考えている」と述べ、両県と足並みをそろえるよう求めた。日本料理店の関係者も「コロナが沈静化しても料亭文化、郷土文化が消えてしまう」と訴えた。
県旅館ホテル生活衛生同業組合の山岡利安理事長(ホテルパーク社長)によると、これほど多くの関係団体がコロナ対応の要望に訪れるのは初めて。山岡さんは「コロナ禍の2年間、県の要請に従って協力してきたが、各業界ともかなり限界がきている。業界存続の危機といっても過言ではない」と話した。
業界団体の要望について古田肇知事は取材に「(新規感染者数の)減少傾向がはっきりしてくれば緩和は十分ありうる」と言及。病床の逼迫(ひっぱく)状況などの動向も踏まえ、重点措置の期間中も要請の緩和を検討する考えを示した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る