2022/01/08【新型コロナウイルス:COVID-19】島根、鳥取で新たに56人感染 松江でクラスター、店名公表 /島根県、鳥取県

島根県と鳥取県は8日、計56人(島根40人、鳥取16人)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも7日に確認された。島根で1日の新規感染者が40人台になるのは136日ぶり。また、松江市は市内の飲食店でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。県内のクラスター発生は30例目。
島根県の新規感染者の居住地は松江市19人、出雲市8人、浜田市7人、安来市1人、江津市1人、県外4人。うち松江市在住の12人と県外在住の2人はこれまでに感染が確認された同市在住者1人の濃厚接触者。市は、一堂に会した場面がなく、異なる機会や場所で接触しており、クラスターではないとしている。
クラスターについて松江市は、利用者が特定できないとして店名は「白木屋松江南口駅前店」(松江市朝日町)だと公表した。クラスターの感染者7人は6日までに確認された感染者を含む。居住地は4人が松江市、3人は県内で市外。
9日の松江市成人式は予定通り行うという。
職員1人の感染が判明していた県川本合同庁舎(川本町川本)では、同じフロアで勤務する職員約60人の陰性が確認され、通常業務を11日に再開する。
鳥取県の新規感染者の居住地は鳥取市10人、県中部1人、県西部1人、非公表4人。うち8人は県外移動歴がある。新規感染者のうち8人はオミクロン株感染の疑いがあるという。
累計のコロナ感染者数は島根が1862人、鳥取が1731人。うちオミクロン株感染者は新たに島根で21人が確定し累計53人、鳥取で26人が確定し累計29人となった。8日午前0時時点の即応病床使用率は島根(216床)が35・6%、鳥取(213床)が21・1%で、重症者はいない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る