2021/12/25【新型コロナウイルス:COVID-19】高齢者施設で19人の集団感染 沖縄コロナ拡大は「デルタ株」か 北部に8割 /沖縄県

沖縄県は24日、20代~90歳以上の男女33人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数が30人を超えるのは10月15日の31人以来、70日ぶり。本部町を含む北部保健所管内の町村で24人、名護市で4人が感染し、全体の約8割が本島北部に集中している。米軍キャンプ・ハンセンの大規模な集団感染は8人増えて計240人になった。
北部保健所管内の感染者のうち、本部町が22人と大半を占める。同町内の高齢者施設では19人の集団感染が起きている。内訳は利用者が14人、職員が5人。デルタ株による集団感染とみられる。うち14人はワクチン2回接種済みだった。
北部地域で感染が広がっている要因について、県の糸数公医療技監は「今回の施設内感染のほか、同じ店で会食した複数人が感染した例がある」とした。
23日までの1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は、北部保健所管内が105・68人。名護市も20・40人と増えており、感染拡大注意報を出す目安の「人口10万人当たり25人超」に近づいている。
米軍関係は計18人の感染が確認された。ハンセンのほか、嘉手納基地、キャンプ・フォスター、キャンプ・コートニーが各2人、キャンプ・キンザー、キャンプ・シュワブが各1人。不明も2人いた。
これまでに県内で確認されたオミクロン株感染10人の濃厚接触者は24日時点で61人。ホテルや自宅などで療養している。
県総合運動公園と豊見城城址(じょうし)跡地に設置されている臨時の接触者PCR検査センターは、18~22日の5日間で788人が受検し、8人の陽性が判明した。県はオミクロン株かどうか詳しく調べる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る