2021/09/20【新型コロナウイルス:COVID-19】「世界最悪の地域に」沖縄の離島で突出した感染者数、難しい抑え込み /沖縄県

沖縄県の離島で8月、新型コロナウイルスの「感染爆発」が相次いだ。人口10万人あたりの1週間の感染者数に換算すると、数百人から1千人という突出した多さだった。離島は医療資源が限られる一方、観光が主産業で生活必需品の輸送もあり、島外との往来を断つのは難しい。島の関係者は感染の抑え込みの難しさを振り返る。
「世界最悪の感染地域になっている。緊急事態宣言中は、大変厳しい表現になるが来島はおやめいただきたい」
リゾート地として人気の宮古島市。8月18日、座喜味一幸市長は異例の緊急メッセージを発表した。感染者の増加が止まらず、1週間の新規感染者数は人口10万人あたり400人台に。全国的に「第5波」がピークを迎えたころだったが、同時期の全国や47都道府県で最悪の沖縄県(全体)よりはるかに多かった。
観光客の中に感染者がいて、そこから市民の家族内感染が広がったとみられる。島内にも外出自粛や感染防止策の徹底を呼びかけ、40人を超えることもあった1日の新規感染者数は8月末に1ケタに落ち着いた。
那覇市から高速船で約50分の座間味島など約20の島からなる座間味村では、8月中旬に1週間の新規感染者の合計が10人になった。村の人口は約940人で、人口10万人あたりの1週間の感染者数にすると1千人を超える。島の診療所は通常医療を中止し、生活必需品などを載せて島に着く船の定員も3割から半数に制限した。村の担当者は「島でのコロナ対応の難しさを改めて痛感した」と話す。
https://news.yahoo.co.jp/…/adc14b38202498ab9974439d75cb…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る