2021/09/17【公衆衛生】アメリカの保健当局、蚊が媒介するウイルス感染症への注意喚起 /アメリカ

アメリカでウエストナイル熱に最も感染しやすいは9月だ。今年はすでに、少なくとも9人がウエストナイル熱で死亡している。
アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、アイダホ州、ニュージャージー州、テキサス州では、それぞれ1人または2人の死亡者が報告されている。
西ナイル熱は、軽症で済むことが多いが、重症の場合は死に至ることもある。
ウエストナイル熱(西ナイル熱)による死亡例が、アメリカの少なくとも6つの州で報告されている。この感染症は、主に蚊がウイルスを媒介し、麻痺や脳の腫れを引き起こす可能性がある。
アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の2021年9月7日までのデータによると、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、アイダホ州、ニュージャージー州、テキサス州から、それぞれ西ナイル熱に関連した死亡例が1件または2件報告されており、2021年の死亡例は現時点で合計9件となっている。
アメリカ本土の7つの州を除くすべての州で、蚊、動物、あるいは人間などがウエストナイルウイルスに感染したと報告されている。また、29の州では人間への感染、あるいは発症した可能性のあるケースが確認されている。
主に蚊が媒介するウエストナイルウイルスによって起こるウエストナイル熱は、感染しても多くの人は発症しない。感染者の約20%に発熱や、頭痛、体の痛み、嘔吐、下痢、発疹などのインフルエンザのような症状が出る。
しかし、髄膜炎や脳炎のような脳の腫れ、あるいは麻痺など、より重篤な症状も毎年数件報告されている。CDCの集計によると、アメリカでは2021年に少なくとも136件の重篤なケースが発生している(感染が確認されたものとその可能性が高いものを含む)。
全米各州の保健当局は、ウエストナイル熱が発生しやすいシーズンに、警告や感染を防ぐためのアドバイスを発表している。ウエストナイルウイルスに対する治療法やワクチンがないため、感染を避けるには蚊に刺されないようにすることが第一だ。
https://news.yahoo.co.jp/…/6fe6e92317f99000567b320c52ce…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る