2021/09/15【新型コロナウイルス:COVID-19】コロナ感染の妊婦 全国540か所で対応も 緊急入院対応可は約4割

新型コロナウイルスに感染した妊婦の受け入れができる医療機関は、全国で540か所余りだった一方、緊急入院に対応できる医療機関は、およそ4割だったことが国の緊急の調査で分かりました。
先月、千葉県柏市では、新型コロナウイルスに感染して自宅で療養中だった妊婦が、体調が悪化してからも入院先が見つからずに自宅で出産し、救急搬送された赤ちゃんは亡くなりました。
これを受け厚生労働省は、感染した妊婦の受け入れ態勢について、都道府県に緊急の調査を行いました。
それによりますと、先月20日時点で、すべての都道府県が「感染した妊婦を受け入れる医療機関を設定している」と回答し、受け入れが可能な医療機関の数は全国で合わせて544か所でした。
一方、早産や脳出血などで母体や胎児に生命の危険が迫った場合、直ちに入院できる医療機関は225か所で、全体の41%でした。
都道府県別では、
▽千葉県が11か所、
▽岩手県が10か所の医療機関すべてで緊急入院に対応できると回答したのに対し、
▽北海道では28か所のうち3か所、
▽東京都は76か所中6か所でした。
また、産婦人科の医師が感染して診療が困難になった場合に、別の医療機関から医師の派遣を受ける体制については、
▽36都道府県が「検討済み」
▽宮城県や京都府など9府県が「検討中」と回答しました。
厚生労働省は、新型コロナウイルスの流行の状況にかかわらず、感染した妊婦が速やかに入院できる体制を常に確保するよう都道府県に求めています。
https://www3.nhk.or.jp/…/20210915/k10013260351000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る