2021/09/10【新型コロナウイルス:COVID-19】神奈川県 感染状況など予測 独自のプログラム開発 /神奈川県

神奈川県は新型コロナウイルスの今後の感染状況などについて予測する独自のプログラムを開発しました。
神奈川県と県立保健福祉大学が共同で開発したプログラムは、アメリカの大手IT企業、グーグルがAI=人工知能を使って感染状況を予測したデータに、県内の感染者の年齢や、重症者の割合、感染が確認された地域などのデータを組み合わせて、今後の県内の感染状況などを予測します。
県がこのプログラムを使って今月5日に行った予測では、今月19日の時点で入院者数は500人程度減って、1110人程度になる可能性が高いとしています。
また、人流やワクチンの接種率により感染状況がどのように変化するか予測することも可能だということです。
例えば、前の週に比べて今週の人流が60%増えた場合、今月19日には入院者数が100人ほど増える可能性が高いとしています。
県はこのプログラムから得られたデータを、県のホームページに公開するとともに今後の感染対策にいかしたいとしています。
黒岩知事は「今後、予測の精度を高める必要はあるが、しっかりした予測が出来れば人流を減らすことの必要性を説得力を持って説明できるようになると期待している」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken…/20210910/1000070067.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る