2021/09/08【野兎病】台湾で “致死率60%”の「野兎病」患者が発生…「感染源つかめない」 /台湾

致死率が60%に達する「野兎病(tularemia)」の病原菌に感染した事例が、台湾で発生した。
きょう(8日)台湾の新聞“自由時報”と“連合報”など台湾メディアによると、台湾CDC(疾病管制局)は「前日、南部の台南地域の60代男性が野兎病にかかっていたことを把握した」と伝えた。
台湾で野兎病の感染事例が発生したのは、今回が初めてである。
台湾CDCの林詠青防疫医師は「先月24日、台南地域の60代男性が野兎病に感染したという担当病院側の通達を受けた」とし「その男性は7月末に発熱・悪寒・下痢および敗血症などの症状をみせ、8月初めに2回病院を訪れた」と語った。
つづけて「病院側の新型コロナウイルス感染症検査では陰性判定を受けたが、血液培養と血清抗体検査で “Francisella Tularensis(野兎病菌)”の陽性反応をみせ、抗生剤治療を受けたことで症状が好転し退院した」と伝えた。
Francisella Tularensisは、たった10個の細菌だけでも病気を誘発させることのできる強い細菌で、人と動物において野兎病を起こす病原体である。
当局は「この男性は基礎疾患をもっていて、潜伏期間と推定される期間(14日間)での海外渡航歴はなく、動物との接触歴もなく、家にはペットもいなかった」として、感染源はまだつかめていない」と伝えた。
「野兎病」はウサギおよび野生の齧歯(げっし)類に存在する病原菌で、このような動物およびダニ・ハエ・蚊に刺されたり、感染した食べ物や水を口にすることで感染するが、時には汚染された空気を呼吸しても感染する可能性がある。
https://news.yahoo.co.jp/…/39986fbd58d7a8a4c5a93c6189f1…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る