2021/09/08【新型コロナウイルス:COVID-19】厚労省の専門家組織「感染対策の緩和には段階的な対応が必要」

コロナ対策を政府に助言する専門家組織は、全国の感染状況について、依然として医療体制は「災害レベル」の厳しい状況にあり、「感染対策の緩和には段階的な対応が必要」との分析結果をまとめました。
厚生労働省アドバイザリーボード 脇田隆字座長
「依然として、高水準の感染者数が続いている。引き続き、災害レベルの状況にあるとの認識での対応が必要。今後、対策の緩和が検討されていくと思うが、リバウンドを避けることが重要なので、段階的な緩和が必要」
専門家会合後の会見で脇田座長はこのように話し、全国的に新規の感染者数は減少傾向であるものの、引き続き「デルタ株の感染力には注意が必要」だとして、感染対策の緩和については、「段階的な対応が必要」と釘を刺しました。そのうえで今後、秋から冬にかけて「さらに厳しい感染状況が生ずる可能性がある」と指摘し、引き続き、ワクチンを打った人も含め、不要不急の外出を避けるよう呼びかけました。
https://news.yahoo.co.jp/…/9f77b7904d5d6d92f90d42aa8ea3…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る