2021/07/31【新型コロナウイルス:COVID-19】韓国新型コロナ、職場・病院・塾、ゴルフなど相次いで集団感染が発生 /韓国

韓国で、長期化している新型コロナ第4次流行の影響で、全国的に感染者が続出した。
31日、中央防疫対策本部によると、塾・インターネットカフェ・職場・リハビリ病院・ゴルフ、知人との集まりなど、日常生活で接する多くの場所で新規集団感染(クラスター)が発生したことが分かった。
キョンギド(京畿道)の食料品メーカーでは、今月27日、最初の患者(従事者)が出た後、従業員や家族、知人が相次いで感染し、合計43人が感染した。チュンチョンナムド(忠清南道)製造業では、今月28日、従業員が初めて感染した後、24人の感染者が追加で発生した。インチョン(仁川)市のインターネットカフェでは、今月27日以降、累積17人の集団感染が発生した。
京畿道ソンナム(城南)市リハビリテーション病院では、20日以降、計16人、ナミャンジュ(南楊州)の職場では、21日以降、計16人の感染者がそれぞれ出てきた。ソウル市ヨンドゥンポ(永登浦)区の塾では、23日に従事者の中から最初の感染者が出た後、現在まで関係者2人、塾生4人、家族5人の計11人が新型コロナに感染した。
テグ(大邱)でも相次いで集団感染が発生した。ゴルフ仲間の集まりでは、24日に初の感染者が発生した後、合計11人が感染した。その他、化粧品販売店で9人、中学校で8人、市場で14人など、10人前後のクラスターが次々と出てきた。
既存の集団感染事例も感染者が増えている。テジョン(大田)では、テコンドー関係の感染者が9人追加され、累積243人になった。保険会社では、14人が追加で感染確認され、これまで計26人が感染した。チュンチョンナムド(忠清南道)の製造業(累積70人)、キョンサンブクド(慶尚北道)のカラオケ(69人)、プサン(釜山)の大浴場(103人)などクラスターに関係する感染者が4〜5人ずつ増えた。
感染経路不明の患者の割合は28.4%となった。今月18日からこの日まで、最近2週間防疫当局に申告された新規感染者は、計2万1850人である。このうち6211人は感染経路不明で調査中である。感染者との濃厚接触と推定される感染者は、1万530人で、半分近くの48.2%を占めた。
https://news.yahoo.co.jp/…/5ed77b2e0bc2bddbcd56f7a372a0…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る