2021/04/12【新型コロナウイルス:COVID-19】国内感染 新型コロナ 24人死亡 2107人感染確認(12日20:20)

12日は、これまでに全国で2107人の感染が発表されています。
また、福岡県で5人、大阪府で4人、北海道で3人、千葉県で3人、埼玉県で2人、和歌山県で1人、山形県で1人、広島県で1人、愛媛県で1人、東京都で1人、神奈川県で1人、長野県で1人の合わせて24人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め50万8999人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて50万9711人となっています。
亡くなった人は、国内で感染が確認された人が9433人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて9446人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は、累計で次のとおりです。
( )内は12日の新たな感染者数です。
▽東京都は12万6284人(306)
▽大阪府は6万695人(603)
▽神奈川県は4万9641人(94)
▽埼玉県は※3万4424人(96)
▽千葉県は3万834人(103)
▽愛知県は2万8965人(122)
▽兵庫県は2万2899人(159)
▽北海道は2万1838人(58)
▽福岡県は1万9521人(34)
▽沖縄県は1万741人(37)
▽京都府は1万323人(42)
▽宮城県は7198人(34)
▽茨城県は7130人(17)
▽静岡県は5978人(11)
▽広島県は5295人(9)
▽群馬県は5289人(28)
▽岐阜県は5029人(7)
▽栃木県は4941人(14)
▽奈良県は4489人(49)
▽熊本県は3536人
▽長野県は3221人(21)
▽三重県は3011人(18)
▽滋賀県は2979人(14)
▽岡山県は2974人(21)
▽福島県は2817人(8)
▽石川県は2060人(12)
▽宮崎県は2016人(10)
▽鹿児島県は1922人(4)
▽新潟県は1737人(9)
▽愛媛県は※1727人(17)
▽長崎県は1668人(8)
▽和歌山県は1559人(10)
▽山口県は1462人(1)
▽大分県は1348人(4)
▽佐賀県は1276人(11)
▽山形県は1225人(28)
▽青森県は1177人(14)
▽富山県は1050人(8)
▽山梨県は1029人(1)
▽香川県は990人(5)
▽高知県は946人
▽岩手県は761人(9)
▽徳島県は713人(20)
▽福井県は659人(2)
▽秋田県は335人(4)
▽鳥取県は307人(6)
▽島根県は292人(1)
このほか、空港などの検疫での感染は2515人(18)、中国からのチャーター機で帰国した人と国の職員や検疫官などの感染は合わせて173人です。
厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、12日時点で563人(+43)となっています。
一方、症状が改善して退院した人などは、12日時点で、国内で感染が確認された人が46万5916人、クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて46万6575人となっています。
また、今月8日には速報値で、1日に4万2762件のPCR検査などが行われました。
※愛媛県が訂正 4月8日と10日で1人減。
※埼玉県が訂正 4月10日で1人減。
・集計は後日修正される可能性があります。
・在日米軍の感染者は含めていません。
https://www3.nhk.or.jp/…/20210412/k10012970141000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る