2021/04/06【新型コロナウイルス:COVID-19】WHO「新型肺炎、人→犬・猫など動物への感染を確認」

世界保健機関(WHO)が人が動物に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を感染させるという証拠を確認したとWHOモスクワ代表部が5日(現地時間)、明らかにした。
リアノボスティ-スプートニク通信によると、WHOモスクワ事務所のメリタ・ブイノヴィチ(Melita Buinovic)代表は「新型肺炎は主に人から人へ感染するが、動物園性ウイルスなので人から動物に感染するという証拠を確認した」と明らかにした。
ブイノヴィチ代表は感染した人と接触したミンクや犬、猫、ライオン、虎、タヌキなど動物が新型肺炎の陽性反応を見せた」とし「新型肺炎ウイルスが他の動物種に及ぼす影響に関する研究も進行中」と話した。同時に、「他の潜在的な中間宿主動物を捜し出して今後(感染症)再発を予防するためにはどの動物が最もウイルスに脆弱で敏感なのかを理解することが重要だ」と強調した。
ブイノヴィチ代表はWHOは感染を確定した場合、ペットとの接触を制限することを勧めると伝えた。
これに先立って、ロシア製ワクチン「スプートニクV」を開発したロシア保健省傘下ガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターのキンツブルック所長は先月29日新型肺炎ウイルス(SARS-CoV-2)が人に続き、ペットなどを大規模に感染させる可能性があると警告したことがある。
キンツブルック所長は「広範にわたるワクチン接種を通じて人間社会で集団免疫が形成されていく間、『SARS-CoV-2』が変異して人と密接に生活するペットと家畜などに移る」として「彼らを大規模に感染させて一定期間後にウイルスが再び人に移る悪循環が発生する可能性がある」と主張した。
ロシア連邦獣医植物検疫監督庁は先月31日、監督庁傘下の連邦動物健康保護センター(FSVPS)傘下連邦動物保健研究所(FCAH)が開発した動物用ワクチン「Carnivak-Cov」を自国の政府が世界で初めて承認した。
https://news.yahoo.co.jp/…/08c3f4e0bae079f160cce2175ff0…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る