2021/04/02【新型コロナウイルス:COVID-19】ファイザー製ワクチン、半年後まで効果 南ア型にも有効

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは1日、共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、2回目の接種から最大半年後まで有効性が91.3%だとする臨床試験(治験)の分析結果を発表した。経過観察では、重大な安全上の懸念もでていないという。
ファイザー・ビオンテック製のワクチンは3週間の間隔をあけて2回の接種が求められており、有効性は95%だ。今回は2回目の接種から、7日から6カ月後までの有効性を調べたところ、91.3%となった。安全性のデータについては治験参加者4万4千人のうち、1万2千人は2回目の接種から少なくとも半年間の経過観察を行っているという。
感染力が高いとされる南アフリカ由来の変異ウイルスに対する有効性が100%だったことも併せて公表した。治験参加者800人のうち、プラセボ(偽薬)を投与した9人が新型コロナに感染し、うち6人が南ア型だった。ワクチンを接種した人に感染は確認されなかった。
南ア型の変異ウイルスについては、従来のウイルスよりも有効性が相対的に低くなるとの懸念も広がっていた。ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は声明で「変異ウイルスに対する有効性が確認できたことは、集団免疫を獲得し、パンデミックを終わらせるための重要な要素となる」と述べた。
ファイザー・ビオンテック製のワクチンは日本を含めて、世界50カ国以上で緊急使用などが承認されている。米国では最も普及しているワクチンで、接種回数は7689万回、供給数は9845万回に達している。両社は2021年末までにワクチン生産能力を年25億回分まで引き上げる見通しだ。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN01FHG0R00C21A4000000/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る