2019/01/25【インフルエンザ】インフルで関東バス減便 運転手15人感染 26日から通常ダイヤに

全国的にインフルエンザが猛威を振るう中、東京都内で路線バスを運行する関東バス(本社・東京都中野区)は運転手約15人が感染したため通常ダイヤが組めなくなったとして、21~25日の5日間、JR荻窪駅周辺の一部路線を減便した。26日から通常ダイヤに戻すという。
同社広報によると、今月18日ごろからこの路線を担当する営業所内でインフルエンザの感染が相次ぎ、運転手約170人のうち約15人が感染。マスクの着用や手指消毒の徹底を呼びかけていたが、感染が広がったという。
このため21~25日、JR荻窪駅や西荻窪駅周辺の計3路線を減便し、臨時ダイヤで運行。広報担当者は「私が知る限りこの十数年、インフルエンザでダイヤを変更したことはなかった」と話した。
https://news.nifty.com/…/dom…/society/12159-0125m040200/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る