2017/10/19【腸管出血性大腸菌】腸管出血性大腸菌、感染相次ぐ 異例の同時発生、食品の十分加熱を /福井県

福井県は18日、若狭、福井の両健康福祉センター管内で腸管出血性大腸菌感染症が計3件発生し、3人が感染したと発表した。県によると、それぞれに関連性はないが、3件同時は極めて異例。県内では16日以降、感染が計4件に上っており、県は食品の十分な加熱や手洗いの励行を呼び掛けている。
県健康増進課によると、若狭健康福祉センター管内で40代男性が腸管出血性大腸菌O157に感染。腹痛などの症状があったが回復した。男性は12日に発症し、便検査で17日に腸管出血性大腸菌O157とベロ毒素が確認された。接触者2人に症状はないが、便検査を行っている。福井健康福祉センター管内では50代男性が腸管出血性大腸菌に感染した。種類は調査中。男性に症状はないが、便検査で17日に腸管出血性大腸菌とベロ毒素が確認された。検便が必要な接触はいない。
また、同センター管内の20代男性は腸管出血性大腸菌O121に感染した。腹痛の症状で入院しているが、回復してきている。男性は12日に発症し、便検査で腸管出血性大腸菌O121とベロ毒素が確認された。接触者2人に症状はないが、便検査を行っている。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/250807

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る