2017/08/02【病原性大腸菌】会津若松市の旅館で食中毒 病原大腸菌を検出 /福島県

【病原性大腸菌】会津若松市の旅館で食中毒 病原大腸菌を検出 /福島県

福島県食品生活衛生課は1日、会津若松市の旅館「庄助の宿 瀧の湯」で、7月23日~25日に食事をした男女44人が下痢や腹痛などの食中毒の症状を起こし、5人の患者の便から病原大腸菌が検出されたと発表した。

入院患者はおらず、44人は快方に向かっているという。ほかに、旅館を利用した143人についても調査を継続する。

同課によると、患者の中には、昼食だけの利用者もいたという。県は旅館で提供された料理による食中毒と断定し、食事提供についてのみ1日から3日間の営業停止処分とした。

http://www.asahi.com/articles/ASK8242RRK82UBQU001.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る