【B型肝炎ウイルス】B型肝炎患者、カルテなくても和解成立 医師法廷証言で初

集団予防接種によるB型肝炎訴訟で、1993年に死亡した兵庫県の男性について、遺族と国が17日、大阪地裁(菊地浩明裁判長)で和解した。診療記録が残っていなかったが、主治医の法廷証言で死因と肝炎の因果関係が認められ、国が3600万円を支払う。

カルテなどの診療記録がない患者について、国が和解に応じるのは極めて珍しく、弁護団は「被害者の救済につながる」と期待している。

男性は84年ごろに慢性肝炎を発症し、45歳だった93年に肝がんで死亡。遺族が2013年に提訴した。

保存期限が5年のカルテは既に廃棄され、症状を示す他の記録も残っていなかった。遺族は2年近くかけて当時の主治医を捜し出し、陳述書を提出した。

国側は信用性に疑問を示したが、遺族側が同種訴訟では初めて医師の証人尋問を実施。主治医は男性の症状を鮮明に覚えていると述べ、国は一転して和解に応じた。

和解後に記者会見した長野真一郎・弁護団長は「カルテがないことなどを理由に、提訴を諦める人が多い。救済の幅が広がる可能性がある」と評価した。

厚生労働省などによると、88年までの集団予防接種で約45万人がB型肝炎に感染したと推計。国は因果関係を認めれば症状に応じて50万~3600万円の給付金を支払うが、和解が成立したのは約4万7000人(今年3月時点)にとどまる。

https://mainichi.jp/articles/20190517/k00/00m/040/271000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る