2017/06/08【鳥インフルエンザ】鳥インフル対策 「生きている家きん類の取引禁止」 /韓国

【鳥インフルエンザ】鳥インフル対策 「生きている家きん類の取引禁止」 /韓国

高病原性鳥インフルエンザの感染拡大を防ぐため、今後、伝統市場で生きている家きん類の売買が禁じられることになりそうです。

農林畜産食品部が8日、発表したところによりますと、全国の伝統市場で、家きん類を流通する際、必ずと畜したものを売買するように定めた「家禽産業発展対策(仮称)」を今月末にも講じるということです。

この対策には、伝統市場で生きている家きん類を売買する行為を根絶するため、小規模のと畜場の設置を支援する内容も盛り込まれます。

農林畜産食品部は、自治体別のと畜場の需要調査を行い、来年、モデル事業として3か所を運営し、全国に拡大展開する方針です。

農林畜産食品部によりますと、現在、全国の200あまりの伝統市場で家きん類が生きている状態で取引されているということです。

日本では、生きている家きん類の場合、移動式または簡易と畜場でと畜したあと、販売するよう定めています。

今回の鳥インフルエンザの感染拡大は、全羅北道(チョンラブクド)群山市の農場や伝統市場で生きていた鶏の売買が行われる過程で発生したとみられています。

一方、8日までに、全国7つの市・郡の25の農家で、鳥インフルエンザの陽性反応が確認されていて、このうち感染力の強い高病原性鳥インフルエンザであることが確認されたところは10か所です。

7日現在、全国で鶏やアヒルなど17万羽あまりが殺処分されています。
鳥インフルエンザウイルスの感染確認を受けて、韓国政府は今月5日、全国のすべての伝統市場や食堂での生きている家きん類の流通を一時的に禁じ、8日には鳥インフルエンザの感染が確認された地域からの家きん類の持ち出しを禁じています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る