2018/03/02【鳥インフルエンザ】京産大、抗鳥インフルの新素材を特許出願 消毒剤としての活用を想定 /京都府

【鳥インフルエンザ】京産大、抗鳥インフルの新素材を特許出願 消毒剤としての活用を想定 /京都府

京都産業大(京都市北区)は2日、長期の抗鳥インフルエンザ作用を持つ新素材「ヨード活性炭」の特許出願をしたと発表した。水戸市の企業「化研」との共同研究。関わった高桑弘樹教授(微生物学)は「感染予防に役立てられれば」としている。

研究チームによると、平成28年に水戸市郊外の湖沼(こしょう)で鳥インフルエンザの感染が拡大し、野鳥が大量死したことを受けて取り組んだ。新素材を鳥インフルエンザのウイルスを含む液に浸すとウイルス量が10万分の1まで減った。約1カ月後も作用が持続していたという。消毒剤としての活用を想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る