【食品衛生】食中毒対策、トング頻繁に交換 県内スーパーや総菜店 /秋田県

【食品衛生】食中毒対策、トング頻繁に交換 県内スーパーや総菜店 /秋田県
関東の系列総菜店のポテトサラダなどを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒を受け、県内のスーパーや総菜店で、客が好みの総菜を取り分けるトングを店側が小まめに交換したり、総菜をふた付きの容器に入れて陳列したりする動きが広がっている。これからの季節は、激しい下痢や嘔吐(おうと)を引き起こすノロウイルスによる食中毒が増える傾向にあるため、県や秋田市は食品の衛生管理を徹底するよう呼び掛けている。
秋田市のスーパー「いとく新国道店」では9月から、フライやコロッケ、天ぷらなどをふた付きの容器に入れて「量り売り方式」で販売。従業員が洗浄済みのトングと客が使ったトングを頻繁に入れ替え、感染の予防に気を配っている。
http://www.sakigake.jp/news/article/20171028AK0011/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る