2018/01/26【食中毒】17年のスーパー売上高、0.9%減=野菜相場安、食中毒影響も

【食中毒】17年のスーパー売上高、0.9%減=野菜相場安、食中毒影響も

日本チェーンストア協会が25日発表した2017年のスーパー既存店売上高は、前年比0.9%減と2年連続のマイナスだった。相場安で野菜が伸び悩んだほか、水産品や総菜が食中毒の影響を受けるなど、主力の食料品が落ち込んだ。

全店ベースの売上高は1.0%減の12兆9175億円。会見した井上淳専務理事は「消費者がデフレマインドから抜け出せず、日常の買い物は節約志向を強めている」と指摘。コンビニエンスストアやドラッグストアなど、業態を超えた競争が激しさを増していることも重しとなった。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012500942&g=eco

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る