【食中毒】猛毒テトロドトキシン検出 熊本市の男性がフグ中毒 自分で調理 /熊本県

【食中毒】猛毒テトロドトキシン検出 熊本市の男性がフグ中毒 自分で調理 /熊本県

熊本市保健所は15日、熊本市内の医療機関から14日に「フグによる食中毒と思われる患者を診察した」との連絡があった、と発表した。

患者は同市内に住む男性(75)。男性の尿、吐物からフグが持つ猛毒テトロドトキシンが検出され、症状もフグ毒によるものと一致することから、フグ毒による食中毒と断定した。男性は入院中。症状は快方に向かっているという。

同保健所の調査によると、男性は12日に知人が釣った魚(フグ、カワハギ、真鯛、小アジ)を自宅で調理し、同日夕方、自分以外の3人に刺し身を提供。13日午後6時ごろ、残った内臓を使って味噌汁にして、自分と、家族1人とで食べた。14日午前0時ごろ、男性に手足のしびれ、嘔吐、ふらつきなどの症状が出たため、同1時ごろ、医療機関を受診した。

フグが持つテトロドトキシンは青酸カリの約1千倍の毒性を持つ極めて危険な自然毒。

同保健所は「フグは種類によっては身、皮、内臓に毒を持つ。自分でフグを調理するのは非常に危険。死亡するおそれもある」として、絶対に自分で調理などしないよう、注意を呼びかけている。熊本市内でのフグ中毒は、この10年間で3例目で、いずれも家庭での素人料理が原因という。

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/373600/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る