【食中毒】「ニラと間違えた」スイセンで食中毒相次ぐ /山梨県

【食中毒】「ニラと間違えた」スイセンで食中毒相次ぐ /山梨県

山梨県内で家庭菜園などで育てたニラと間違え、一緒に栽培していたスイセンを誤食し、食中毒の症状を訴える患者が相次いだ。

山梨県によると、4日までに、山梨市と甲府市の病院から管轄の保健所に「スイセンが混入した料理を食べた人が食中毒を起こした」との連絡を受けた。

患者は山梨市1人、甲府市4人で、嘔(おう)吐(と)を訴えたが、全員快方に向かっているという。

県衛生薬務課によると、山梨市の50代の女性が2日昼、知人にもらったニラで調理した「ニラ玉」を食べたが、ニラにスイセンが混ざっていた。

甲府市では、30代の父親と10歳未満の男児3人が2日夕、家庭菜園のニラを具に入れたみそ汁を調理して食べたが、ニラの近くで栽培していたスイセンが混入した。

保健所の調べで、いずれも病因物質はスイセンによる植物性自然毒と判明した。

同課によると、スイセンは摂取すると嘔吐する有毒植物。県内では昨年も5人がニラと間違えて食べて食中毒の症状を訴えた。

同課は調理前の材料の再確認などを呼びかけている。

https://www.sankei.com/li…/news/180404/lif1804040030-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る