【赤痢菌】国内で7年ぶり 寺の宿坊で42人が集団赤痢 /山梨県

山梨県は15日、同県身延(みのぶ)町の寺院が運営している宿坊で今月2日と3日に宿泊した40代から90代の42人が、赤痢菌による集団食中毒を発症したとして発表した。

集団食中毒が発生したのは、同県南西部に位置する南巨摩郡身延町の宗教法人「清水房」。県福祉保健部衛生薬務課によると、今月10日、宿坊を利用した県外の2グループが発熱や下痢、腹痛、吐き気などの症状を訴えているという情報を受けて、峡南保健所が調査した結果、2日と3日に同施設で提供された食事を食べた72人のうち、42人が食中毒症状を発症。

患者9人の便から赤痢菌が検出されたことなどから、集団食中毒だと断定し、清水房を15日から3日間の営業停止とすることを決めた。

この二日間に清水房が提供した食事は、エビフライ、魚フライ、もずく、ゆば刺し、こんにゃく刺しのほか果物などという。患者は全員快方に向かっており、保健所が感染原因となった食事の特定を急いでいる。

赤痢菌は、食物や水、手指を介して感染する大腸菌の一種で、1〜5日間の潜伏期間を経て発症する。国内では2011年以降の発生はなく、山梨県では初めての感染例だという。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/6/26893.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る