2019/11/13【肺炎】肺炎で死亡する子どもは39秒に1人 年間80万人以上

肺炎は世界の子どもの最大の死亡原因となっており、39秒当たり1人の子どもが肺炎で命を落としている。

「忘れられた感染症」と呼ばれる肺炎は予防可能であるにもかかわらず、今もなお多くの子どもが犠牲になっている。12日の世界肺炎デー(World Pneumonia Day)に合わせ、国際的な保健機関や児童機関が出した報告によると、2018年に肺炎で死亡した5歳未満の子どもは80万人以上で、ナイジェリアとインドで人数が最も多かった。一方、同年に下痢が原因で死亡した5歳未満の子どもは43万7000人、マラリアは27万2000人だった。

肺炎は、細菌、ウイルス、真菌が原因で起こり、肺に膿(うみ)や液体がたまり、呼吸困難を引き起こす。免疫力が低下した子どもや高濃度の大気汚染にさらされている子ども、安全な水が確保できない地域に住んでいる子どもの危険性が最も高い。

ワクチンで予防でき、適切な診断が行われれば低価格の抗生物質で簡単に治療可能だ。

https://www.afpbb.com/articles/-/3254509

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る