【流行情報】手足口病、過去20年で最悪ペース 栃木でも警報 /栃木県

乳幼児を中心に手足や口の中に発疹ができる感染症「手足口病」が県内でも過去最悪のペースで広がっている。調査対象の県内48医療機関において、7月22~28日の1週間で1053人の患者を確認。1医療機関当たり21・94人に達し、1999年の統計開始から最も高くなった。

県は7月中旬、患者数が警報レベル(1医療機関当たり5人)を超えたとして警報を出しており、拡大が続いている。

同じく感染症の「ヘルパンギーナ」も県内で流行期に入った。警報レベル(1医療機関当たり6人)を超え、特に県北地域で広がる。発熱やのどの痛みがあり、口中に小さな水疱(すいほう)が現れる。手足口病やヘルパンギーナを防ぐには、手洗いの励行やタオルの共用を避けることが大切という。

https://www.asahi.com/articles/ASM8254YTM82UUHB00K.html…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る