【流行情報】感染性胃腸炎、今年最多564人 /熊本県

11~17日の熊本県感染症情報によると、県内50定点の医療機関から感染性胃腸炎の患者564人が報告された。前週から241人増加し、1週間あたりの報告数としては今年最多。冬場に流行するため、県健康危機管理課は注意を促している。

同課によると、さまざまなウイルスや細菌が原因。とくにノロウイルスは感染力が強く、患者の便や嘔吐[おうと]物に大量に含まれているため、取り扱う際は使い捨て手袋やマスク着用が必要だ。二枚貝など食品からも感染するため、十分な加熱や、調理器具を清潔に保つことが大切だという。

ほかに報告が多いのは、インフルエンザ(80定点)が209人(前週比65人増)、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(50定点)が129人(52人増)。

全数報告の感染症では、百日ぜき8人、つつが虫病、アメーバ赤痢が各2人。カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症、エイズ(後天性免疫不全症候群)、侵襲性肺炎球菌感染症が各1人だった。

https://this.kiji.is/570421019782513761?c=39546741839462401

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る