2020/05/06【新型コロナウイルス:COVID-19】英の専門家会議メンバー、ソーシャル・ディスタンス無視で辞任 /イギリス

外出制限中のイギリスで、新型コロナウイルス対策に影響力を持つ科学者が、交際相手を家に招いていたことが問題視され、専門家会議を辞任しました。
イギリスのテレグラフ紙によりますと、政府の専門家会議のメンバーで、ロンドンのインペリアル・カレッジのニール・ファーガソン教授(51)は、3月下旬にイギリス全土で外出制限措置が取られて以降、少なくとも2度、交際相手の既婚女性(38)を自宅に招き入れていました。同居していない人を家に入れると、現行の政府のガイドラインに違反することになります。
ファーガソン教授はテレグラフ紙の取材に対して、「自分は新型コロナの陽性反応が出て2週間自主隔離していたので、免疫があると考えていた」と釈明しつつ、「判断ミスをして間違った行動をとってしまった」として、専門家会議から辞任すると表明しました。
ファーガソン教授は、政府が比較的ゆるい新型コロナ対策をとっていた3月中旬に、「このままだと25万人が死ぬ」とするモデルを示し、ロックダウン(都市封鎖)を主張。外出制限や店舗の営業停止など、政策の転換に大きな影響を与えたと見られています。それだけに、今回の一件に対する国民の反発は避けられそうにありません。
一方で、イギリスの新型コロナでの死者数がヨーロッパで最悪となり、週末には、ジョンソン首相がいわゆる出口戦略を示すというタイミングでロックダウン推進派の教授のスキャンダルが報じられたことは、様々な憶測も呼びそうです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3973060.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る