2020/05/06【新型コロナウイルス:COVID-19】新型コロナ感染者 2000人が自宅療養 体調変化に注意を 厚労省

新型コロナウイルスの感染者、およそ2000人が自宅で療養していることが厚生労働省のまとめでわかりました。厚生労働省は容体が急変する可能性があることから、自宅療養の際には体調の変化に十分注意するよう呼びかけています。
厚生労働省は重症患者の治療を優先するため軽症の患者や症状のない人は、都道府県が用意した宿泊施設で療養することを基本としていますが、家庭の事情によっては自宅での療養も認めています。
厚生労働省が先月28日時点の療養状況を調査したところPCR検査で陽性となった全国の感染者8711人のうち、合わせて1984人が自宅で療養していることがわかりました。
最も多かったのは、▽東京都で635人、次いで▽埼玉県が354人、▽大阪府が332人などとなっています。
一方、入院者は5558人、宿泊施設で療養している人は862人となっています。
厚生労働省は容体が急変して自宅で死亡したケースもあることから自宅療養の際には顔色や呼吸、脈拍など体調の変化に十分注意し、様子がおかしければすぐに自治体に連絡するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/…/20200506/k10012419141000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る