【新型コロナウイルス:COVID-19】新型コロナの重症化リスク浮き彫り 高齢者施設で9人死亡 人工呼吸器使えず /沖縄県

沖縄県宮古島市の高齢者施設では、19日に発表された6人に加え、3人がすでに病院で亡くなっており、計9人の利用者が死亡した。県内で新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が起きた施設としては、過去最多の死者数となる。高齢者は重症化しやすく、新型コロナの感染が命に関わることが改めて浮き彫りとなった。 
宮古島市では1月、新型コロナの感染が急速に拡大した。市中での流行から高齢者施設にも感染が広がった。市内で唯一の感染症指定病院の県立宮古病院は連日、新型コロナ患者を受け入れ、病床が逼迫(ひっぱく)した。クラスターが起きた高齢者施設では、病院への転院が難しい状況に陥ったという。
同施設には、自衛隊の医療支援チームや宮古病院の医師が派遣され、診療に当たった。県内外から看護師がローテーションを組んで入り、高齢の感染者らは投薬治療や酸素投与など、病院と同等の治療を受けられていたという。
施設内で亡くなった6人は、治療で人工呼吸器を使用していなかった。人工呼吸器はのどに管を入れた状態になり、鎮静薬も用いられるが本人にとってつらい治療となる。県の糸数公保健衛生統括監は「高齢者の場合、人工呼吸器を使う選択ができないことも多い」と説明する。本人と家族の意向を尊重し、人工呼吸器を使用しないこともあるという。
宮古地区医師会の岸本邦弘副会長は「新型コロナは高齢者が重症化するリスクが高い。弱者にこそ被害が出るということが現実として示された」と声を落とした。クラスターが起きたことについて「福祉施設は介護時に、利用者と職員の密着度が高くなる。集団感染になりやすい条件はそろっている」と指摘した。
宮古島では月末に、親族が集まり先祖供養をする旧十六日が控えている。岸本副会長は「消毒とマスク着用はしっかりする。(行事は)短時間で終わらせる。これだけは守ってほしい」と求めた。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1275234.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る