2021/02/08【新型コロナウイルス:COVID-19】刑務所での感染拡大防止を要望

横浜や千葉の刑務所で新型コロナウイルスの集団感染が起きたことを受けて、収容者全員に速やかにPCR検査を行うよう、弁護士などで作るNPO法人が法務省に要望しました。
横浜刑務所では受刑者や職員の感染が相次ぎ、8日までに146人の感染が確認されたほか、千葉刑務所でも93人の感染が確認されるなど、集団感染が発生しています。
これを受け、受刑者の人権を守る活動を行っている「NPO法人 監獄人権センター」では、法務省に対して声明を出し、8日、東京・霞が関で会見を開きました。
声明によりますと、刑務所などの施設では収容者や職員が密閉された環境に置かれ、感染リスクが高いとしたうえで、感染が発生した場合、すべての収容者に速やかにPCR検査を行い、感染拡大を防ぐよう求めています。
法務省によりますと、7日までの全国の刑務所や拘置所での感染者はあわせて324人だということです。
NPO法人の代表を務める海渡雄一弁護士は「もっと早く対策を取っていれば、感染拡大を防げた例もある。法務省には適切に対処してほしい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken…/20210208/1000060052.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る